妊娠初期だけだったつわり。食べ悪阻の症状とその対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加  

妊娠初期だけだったつわり。食べ悪阻の症状とその対処法

妊娠初期に経験した食べ悪阻の症状とその対処法

 

妊婦の体の変化は急激なものですが、その過程のなかで妊婦を苦しめるのは悪阻です。悪阻を感じる時期は十人十色で、初期のみで終わる人もいれば、妊娠中ずっと感じる人もいます。

 

その症状も人によって様々で、なかには症状が一切出ない人もいます。私が妊娠中にも悪阻や、それに付随する問題に悩まされました。

 

今回、私の悪阻の時期や具体的な症状、そしてそれを抑えるためにやったこと等についてお話しします。

 

妊娠に気づいていなかった頃に感じた悪阻

 

私は妊娠10週目まで、妊娠に気づかず生活していました。その時期は結婚間もなく新婚旅行や引っ越しもあり、忙しい日々を過ごしていました。その上風邪もひいてしまいました。

 

元々生理不順だった私にとって、ストレスや環境の変化で生理が決まった時期に来ないのは日常的なことで、その時も最後の生理から1ヵ月経っても出血はありませんでしたが特に気にしていませんでした。

 

そんな頃、いつもとは違う自分の食欲に気づきました。普段からお菓子を食べない私でしたが、突然甘いものが食べたくて仕方なくなったのです。

 

そんな感覚が3日程続き、出血が無い時期が長くお腹の張りが気になったため婦人科にかかると、妊娠が発覚しました。

 

妊娠初期に悩んだ食べ悪阻

 

 

妊娠が発覚した10週目から私の悪阻の症状は目立ち始めました。私の悪阻は、空腹感があると吐き気やめまいを感じる「食べ悪阻」でした。

 

そのためお腹が減ってしまう度に気分が悪くなり、倒れそうになるのです。朝の起床時が一番症状が酷く、立っていられない程でした。一度悪阻になると、お腹を満たしてもしばらくはめまいやだるさが続き、動くことが困難でした。

 

食べ悪阻に付随する問題とその対処法

 

食べ悪阻の症状軽減の為、空腹感をなるべく感じないよう、私は空腹を感じる前に食べておくことを心掛けました。すると思った通り症状は和らぎました。

 

しかし、今度は食べ過ぎによる体重の急激な増加に困りました。妊娠2カ月くらいで5キロも増えてしまい、婦人科でも一気に増えすぎていると指摘されました。原因は、単純にお菓子の食べ過ぎによるカロリー摂取量の過多と、運動不足です。

 

そこで、お菓子はやめて甘い物を食べたくなったら果物を食べ、これまで運動はしていませんでしたが、ウォーキングを毎日1時間するようにしました。それによって体重の増加を防ぐことが出来ました。

 

私の悪阻の症状は妊娠3カ月になる頃には殆ど消えて、悪阻の時期にはずっとお菓子が食べたかったのにそんな感じも無くなりました。比較的楽だったと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

妊婦の便秘解消におすすめのアイテム3選

オリゴ糖、乳酸菌、食物繊維などを含むお茶やサプリで便秘予防にはもちろん、便秘が続いていてもスッキリ!腸内環境を改善することができます。


はぐくみオリゴの特徴

腸の中の善玉菌を増やしてくれる混じりけなしの100%オリゴ糖です。便を柔らかくし排便しやすくしてくれます。シロップ状のオリゴ糖と違い無添加なので妊婦さんも安心です。

価格 評価 備考
初回特別価格 1,840円 評価5 送料無料

すっきり贅沢抹茶の特徴

下剤の成分が入っていない安心の便秘解消茶です。便秘解消や予防にもなる水分摂取もできるのもいいところです。食物繊維、オリゴ糖、乳酸菌などのパワーで便秘をやっつけます。

価格 評価 備考
2,520円 評価4.5 送料無料

善玉菌のチカラの特徴

カスピ海ヨーグルトの乳酸菌を1カプセルに20億個も詰め込んだサプリメントです。腸内環境を良くして便秘解消へ導いてくれます。いつでも飲みやすいカプセルタイプで持ち運びにも便利です。

価格 評価 備考
1,950円 評価3.5 送料無料


適度な水分補給、軽い運動も妊娠中の便秘には効果的です。できるだけ規則正しい生活、食事バランスを考えて過ごしましょう。


妊婦の便秘解消