妊婦 便秘

妊婦の便秘はつら〜い!早く解消しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加  

妊娠前はまったく便秘になったことがないという場合でも、妊娠することで急にお通じが来ない・・・、まったくでない!ということも多いのです。お腹の赤ちゃんのことを考えるとトイレで踏ん張るのさえ恐怖に思えますよね。
PickUp! 早く便秘解消したいなら読むべき記事3選

 

妊婦の便秘はつら〜い!早く解消しよう!

 

もちろんお腹も痛くなりますし、便秘でお腹が張っているのか、ほかの問題があるのかと不安になります。いざ、便意がやってきてトイレにいっても数日便秘しているとかなり頑固です。本当に痛いです。妊娠中はほとんどの妊婦さんが便秘になるといわれています。

 

妊娠中は便秘薬もできるだけ飲みたくないですから、便秘になった時、また便秘の予防にも頼れるものがあると安心ですね。妊婦さんが安心して使える便秘解消、便秘予防に役立つものを紹介していきます。

妊婦の便秘がスッキリ!できるTOP3

 

はぐくみオリゴ

腸の中の善玉菌を増やしてくれる混じりけなしのオリゴ糖です。あまり甘くないのでお料理にも使いやすいです。オリゴ糖だけでできているので妊婦さんも安心して飲めます。

公式サイト ⇒はぐくみオリゴ

 

するっと抹茶

下剤の成分が入っていない安心の便秘解消茶です。便秘解消や予防にもなる水分摂取もできるのもいいところです。自然素材100%で食物繊維オリゴ糖(てんさいを使用)のパワーで便秘をやっつけます。

公式サイト ⇒するっと抹茶

 

善玉菌のチカラ

カスピ海ヨーグルトの乳酸菌を1カプセルに20億個も詰め込んだサプリメントです。いつでも飲みやすいカプセルタイプで持ち運びにも便利です。

公式サイト ⇒善玉菌のチカラ

 

 

3つの商品を紹介しましたが、ごの商品も便秘予防にもなり、現在便秘進行中・・・という場合でも便を柔らかくして排便しやすくしてくれます。続けて飲むことで便秘が再発してしまうということを防いでくれますよ。

 

その便秘、諦めないで!

 

便秘に困った妊婦

妊娠中に便秘なりやすいというのは仕方がないと諦め気味な妊婦さんも多いのでは?いざという時は病院、産院でお薬をもらえばいいという安易な考えはやめた方がいいようです。

 

こういったお薬でははじめの数回は効果があったけれど、徐々に効き目がなくなってしまったということがよくあるからです。

 

妊婦さんにもよるとは思いますが、私個人としてはとにかくずっと便秘だったんです。長い時は朝から晩までトイレにいたという日もありました。しかも、和式のトイレでかかとを付けて座ることができないという体の硬い人間だったため、本当に苦労したんですよ。トイレのパイプに掴まってました。。。

 

辛かった妊娠中の便秘 悪化する原因とは?

 

妊娠初期の便秘の原因や対処法
これまでにないほどの強烈な便秘に悩む妊婦さんは多いです。どうして便秘が酷くなるのかなどを紹介しています。

 

妊娠中期の便秘の原因や対処法
お腹が大きくなってきて便秘の原因も変わってきます。効果的な便秘予防方法とは?

 

妊娠後期の便秘の原因や対処法
出産前にも便秘が悪化しやすい要素があります。体重が増えやすくなる便秘の解消法など。

 

 

妊娠後期になってお腹が屈むときに邪魔になってしまうしどうすればいいんだ!って。産科でもらったお薬も飲みましたが1回目は効いたのですが、その後飲んでもほとんど効果が見られなくていろんな情報を調べた結果、オリゴ糖や乳酸菌を試してみたんです。

 

私の場合はオリゴ糖があっているようでした。その時に一緒に妊婦生活をしていた友人も便秘気味ということでオリゴ糖を教えてあげたのですが、「旦那が乳酸菌がいい」とかの発言があって乳酸菌での便秘解消を試みているようでした。

 

関連記事:妊娠中でも安心?乳酸菌で便秘解消

 

人にもよるので何とも言えないのですが、オリゴ糖を飲んだ私の方が早く効果が出たのでこのサイトでもおすすめしています。友人も前ほど酷くなくなったとは言っていたのですがそれ以上はあまり突っ込んで聞いてないんですよね。あまりきれいな話ではないし子供が生まれてからはそっちでいろいろと大変ですし。

 

追記:乳酸菌で便秘解消を試みた友人は乳酸菌サプリではなく、ヨーグルト(1日50gくらい)だけで試していたようです。ご想像のとおり便秘は治らなかったので、「あなたを信じたのに」と喧嘩になったとか。(笑)9か月目からはオリゴ糖に変えてスッキリできたそうです。(^o^)

 

オリゴ糖の効果 定番の乳酸菌 忘れちゃいけない食物繊維

オリゴ糖

腸内環境を良くして便秘にも効果があるとは聞くけれど、どこがいいのか分からない?⇒そんなオリゴ糖の効果についてはこちら

乳酸菌、ヨーグルト

むかしから便秘解消にいいと言われ続ける乳酸菌の働きや効果を見えみましょう。⇒妊婦と乳酸菌効果

ごぼう、食物繊維

便秘解消のためのドリンクにもよく配合されている食物繊維をもっと効果的に食べましょう!⇒食物繊維の種類

 

便秘予防になるおすすめな食べ物

 

便秘によい食べ物というと食物繊維の多いゴボウや乳酸菌が豊富なヨーグルトが一番に思い出される方も多いのでは?これ以外の食べ物でも便秘解消、予防に効果的に働いてくれるものがたくさんあります。

 

便秘にいいからという理由で1つだけをたくさん食べるのは栄養バランスを崩すのでおすすめできませんが、毎日、毎食やおやつに「便秘にいい食べ物」を取り入れていけば頑固な便秘にも早くサヨナラできますね。

 

便秘にいい食べ物:納豆海藻(わかめ、もずく、めかぶ)きのこハチミツこんにゃく小豆プルーンチョコレート大根

 

1つの食品を大量に食べるのは栄養バランスの面からもよくありませんが、海藻(わかめ、もずく、めかぶ)の場合はヨウ素(ヨード)の過剰摂取の問題もありますから、そういった食品は注意が必要です。

 

水分不足も便秘が酷くなる原因に・・・

 

水分

 

自分で思っているよりも1日の水分摂取量が少ないこともあります。この水分不足も便秘が悪化してしまう原因です。便が大腸と進んでいく間に水分が少しずつ減っていき、長期間留まればその分、カチカチ状態に。

 

固くなってウサギのうんちのようにコロコロ状態では排便時にもすんなり出てきてくれないので腹圧が上がってしまい、妊娠中には特によくありません。あまりに力を入れて踏ん張るのも怖くないですか?

 

もともと、母体が健康であれば踏ん張っても大丈夫とは言われていますが、気持ちの問題も大きいですよね。赤ちゃんが大事な分、無理はしたくないものです。

 

カチカチな固い便を柔らかくするには、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えることは、もちろんなのですが同時に水分も必要になってきます。妊婦さんはむくみも出やすいので、足のむくみ具合を確認しつつ、しっかりとお水を飲むようにしてください。

 

関連記事:便秘解消には水分量も確認しましょう

 

ストレスが便秘悪化の原因に

 

妊娠中でなくてもストレスが原因で便秘になる、便秘が悪化するということは知られています。痙攣性便秘はその代表で大腸が痙攣して起こるタイプです。これが酷くなると過敏性腸症候群と呼ばれることとなります。

 

この場合、1、便秘だけでなく、2、便秘と下痢を繰り返す症状、3、下痢症状 と3つのタイプに分かれますが、妊娠中でもストレスが原因で便秘だけでなく下痢も直らないということもあります。

 

妊娠中は特に初めての妊婦生活だと体調の不安定さだけでなく分からないことや、不安なこと、イライラなどがストレスになって溜まってしまいがちです。

 

ストレスを溜めないように旦那さんや家族や友人に話を聞いてもらったり、発散できる楽しいイベントを行うなど対処していきましょう。

 

妊婦さんが市販便秘薬を飲むのは危険

 

便秘薬

 

病気じゃないから普通に過ごせという人もいますが、妊娠中はなんでもないときに急に体調を崩すこともあっていろいろと大変なものです。同じ妊婦さんでも元気ピンピン、悪阻以外は妊娠してないときと変わらなかったという経産婦さんもいます。逆に出産までとても辛かったという場合も・・・。

 

そんな体調が安定しない時期にはちゃんと医師から処方された便秘薬以外は絶対に飲まないでください。もちろん、体調のいい妊婦さんで飲んではいけません。

 

市販の便秘薬で妊娠中でも悪影響がない成分だけだと説明書にあったとしても、医者からもらったもの以外は飲まないでくださいね。妊娠前に飲んでいた常備薬、便秘薬であっても妊娠中には飲んではいけない成分のことがあります。

 

関連記事:妊婦の便秘に市販薬は大丈夫?
関連記事:妊婦の便秘に酸化マグネシウムは飲んでもいいの?

 

妊娠中の便秘。症状と病気

 

妊娠していないときでもツライ便秘ですが、妊婦さんはお腹の張り、胎動などと勘違いしてしまったり、便秘からの吐き気も悪阻だと対処が遅れたりと、さらにデリケートな問題になってきます。

 

また、便秘だと思っていたら腸閉塞などの病気だったということも稀にあるので、こういったことも防ぐために食べ物や運動などの便秘予防は出産までの間、習慣にしておくとよいでしょう。

 

関連記事:妊婦の便秘で嘔吐や吐き気がある場合
関連記事:冷や汗、失神も起こる便秘時の迷走神経反射ってなに?

 

オリゴ糖は産後も役立ってくれました!

 

オリゴ糖

妊娠中ほどではありませんでしたが、産後ももちろん便秘が続きました。というか子供の時からずっとなんですよね。体調が悪いことも多くて便秘になっても忘れていて、結局「出る!」って時におおごとに毎回なってしまう始末。なんといっても詰まってしまっているのでそれこそ切れ痔の危険が!!!痛くて出せない・・・。ということもありました。

 

遺伝的な要素とか食べ物の好みというのもあるかもしれないですが、身内の女性陣は便秘が酷い人が穂どんとです。1人だけ年ベン、下痢体質なのですが、従姉妹や叔母さんまでみんな便秘症です。

 

妊婦時代のオリゴ糖が残っていたのでそのまままたすぐに飲み始めました。オリゴ糖は食品なので授乳中でも大丈夫なんですよ!全部飲みきってなくてよかったです。

 

出産時の入院中は、実は産後の腫れ(お察しください)があって便秘とか言っていられないくらいだったので覚えてないのですが、退院後に数日してから出てないことに気づいて。。。あんなに妊娠中に便秘で辛い思いをしたのにちょっと経つとすぐに忘れてしまうなんて、大失敗でした。

 

妊娠中と違い、出産後の便秘でこれまでにはなかった気になることができました。それはトイレに籠っていたら赤ちゃんが気になる!ということ。私もそうでしたが赤ちゃん、幼児をお持ちのお母さんは便秘でトイレに籠るのも子供から目を離すことになるのでかなり不安になるものですよね。

 

ちゃんと忘れずに飲んでおくべきだと思いましたけど、オリゴ糖を飲むのを再開してからは、トイレに入って1分もしないでスッキリして出てこられるということが多くて、とっても楽になりました。

 

便秘をなおしただけで毎日が明るく楽しくなるといっても過言ではないくらいです。そんな便秘に悩む私の体験談や憎き便秘をやっつける方法などをまとめて掲載していきます。一緒にすっきり毎日を目指しましょう♪

このエントリーをはてなブックマークに追加  

妊婦の便秘解消